2日連続海水浴!

一昨日、海開きをした我が家ですが、子供の熱烈な主張により、2日連続で海水浴に行くことになりました。ただ、1時間半かけて行くのは流石にしんどかったので、今回はリサーチした結果半分の時間で行ける海水浴場を見つけたので、そちらに行くことにしました。そこは駐車場と砂浜がほぼ一体化したような場所にあるところで、おそらく砂浜をブルドーザーか何かで整地して駐車場にしたと思われるのですが、車を降りてすぐにビーチに行けるというのが最大の魅力です。ただ、駐車場が満車の場合はそこから1キロ弱離れたところにしか駐車場がないので、タイミングをうまく見計らう必要はあります。我々が到着したのは正午の15分前ということもあり、朝から泳ぎにきて昼ご飯を食べに家に帰るという人たちが結構いて、タイミングよく砂浜に隣接した場所に駐車することができました。一般の国道から海水浴場に至る道は、ところどころで離合はできますが、車が1台ようやく通れるかどうかという細い道でもあるので、偶然とはいえラッキーな時間帯に着くことができました。

ライフセーバーも複数人常駐しており、安心して泳げる場所になります。実際、私が沖合のテトラポットに1人で上陸して休んでいるときに、子供2人と嫁さんが3人で泳いでいるのを見て心配に思ったのか声をかけてくださったり、トランシーバーでそれぞれ連絡を取り合っていたり、物見台が設置されていたりと、安心して泳げる体制が整備されています。

海水の透明度は一昨日の海水浴場には及びませんが、なかなかきれいな海で何といっても遠浅であることが良かったです。空には巨大な入道雲があり、海面で体の力を抜いてぷかぷか浮いて入道雲をみていると、「夏だな〜!」という爽快感と、海と一体化する不思議な感覚にとらわれました。子供達も沖まで浅瀬なので十分に遊べますし、遠浅の海は海水の温度も高いので入りやすかったです。あとは、潮が引いてくると砂浜にポコポコと小さい穴があいており何かいるのかなと思って手を奥まで突っ込んでみるとしじみのような貝がいました。これには子供達も大喜びで砂場遊び用のバケツに結構な量の貝を採取することができました。この貝を使って味噌汁と蒸し焼きを作ったので後ほど感想も含めて少し触れたいと思います。海水浴も貝掘りも両方楽しめたこともあり、気づくと当初予定した時間を大幅に過ぎて4時間近く海水浴場にいました。昨日は、一昨日シャツを着て泳いだこともありあまり日焼けしなかったので今日は思い切ってシャツを脱いで上半身は生まれたままの姿で泳いだのですが、そのことを忘れて長時間、海水浴場にいたこともあり、今は全身がゆでだこ状態です。我が家では日焼けしたときは馬油というオイルを塗るようにしているのですが、これは家庭用に1つ常備しておくと子供がやけどしたり、料理で誤ってやけどしたりしたときにとても効果があります。その他すり傷ができたときにも塗っています。今回はこの馬油というオイルが活躍してくれたこともあり、今は少しヒリヒリするくらいで日常生活には支障はないです。私が子供のころはそういう知識もなかったので、最初に日焼けした後の翌日は本当にヒリヒリして服を着るのもためらわれる位だった記憶がありますが、いまはこのオイルの存在でかなり助けられています。

ここの海水浴場の弱点としてはシャワーの設備が有料で大人1人だと温水の場合で500円かかります(時間は無制限)。冷水の場合は井戸水なので冷たいと言われたのですが、確かに尋常ではない冷たさだったので、温水を選択しました。子供が小さかったので子供2人で大人1人分の料金で良いと言われたのですが、昨日の海水浴場は無料だったこともあり、場所は近いけど一長一短だなと思いました。

さて採取した貝の方ですが、一応ネットで調べて大丈夫そうだったので、塩水に入れて砂を十分に吐かせたあと味噌汁と蒸し焼きにしました。結論から申し上げると味噌汁の方はダメでした。貝の中に独特の苦味がありました。例えるなら、サザエを食べる時に、上の方の身は美味しいですが、下のくるんと巻いた黒くなっている方は苦いので食べない人も多いと思いますが、まさにその味がしました。なのでその黒い部分は取り除いて食べたのですが、もともと貝自体はそこまで大きくないので、黒い部分を取り除く過程で身が半分以下になりますし、取り除いたところでやはり美味しくはなかったです。一方で蒸し焼きにした方はかなり美味しく食べることができました。子供達も争うようにして食べていたので、少し心配しましたが、お腹を壊すこともなく美味しく完食することができました。にんにくとしょうがをみじん切りにし、しめじをバラしてフライパンに投入後バターを入れます。我が家はチューブ状の安く売っているバターを使うのですが、合計で15センチくらいは投入したと思います。そこに白だしを加えて蓋をし、貝が開くまで待ちます。そして貝が開いたところで、醤油を2回しほどかけて蓋をして1分程度茹でて完成です。初めて食べる貝だったので十分に火を通すことを心がけました。しかし結果としては何事もなく美味しく食べることができたので良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする